救援物資の積み降ろし

ポォーーーーーーーーーー!!
ピィーーーーーーーーーー!!
「汽笛が聞こえてきました!!
震災救援貨物列車が走ってきました
機関車のヘッドマークには
負けるな福島の文字が書いてあります
何と後ろにも機関車が連結されてます
たくさんの貨車を引っ張っているので
後ろからも押しています
この二台の機関車はとても力持ちです
そしてこの二台の機関車に我々は
教えられました!!
それは「皆で力を合わせ困難に立ち向かう事です」
ポォーーーーーーーーーー!!
ボッボッボッボッボッボッ
ガッタンゴットンガッタンゴットンガッタンゴットンガッタンゴットンガッタンゴットンガッタンゴットンガッタンゴットンガッタンゴットン
フォォォォォ
ノッチオフ
ジリリリリン「警報赤」
キンコンキンコンキンコンキンコン…
ブレーキ
ブレーキ
キキィーッ!!シューーー!!
定時
出発停止
逆転ハンドル切り
チャイムOff
ブレーキ非常位置
「村上から長旅お疲れ様です」
どうもどうも
「たくさん繋がっていますね」
そのため蒸気機関車だけでは引っ張れないので後ろからも補助機関車が押しています
「まもなく積み降ろしが有るので頑張って下さい」
了解しました頑張ります
郡山貨物ターミナルに到着し
補助機関車は切り離したのち充電し
蒸気機関車は切り離す
メカニックの手で機関車の
放射線の測定をしているが
特に被爆はしていなかった
2トントラックに救援物資を積み込む
救援物資の積み込みをしている間に
武道館から中継が入る
救援物資の積み込みをしながら
中継に答える
何とビストロSMAPに間に合うそうだ
そうこの震災救援貨物列車には
いろんな食材も貨車の中に入っている
これは冷蔵車に乗せて避難所に運ぶ
蒸気機関車のプロパンガスのボンベを
交換して補助機関車は充電する
震災救援貨物列車にも冷蔵車が
連結されているので鮮度が落ちる
心配は無い
入れ換え機関車の運転手さんも
小さな貨物列車に興味津々
そりゃそうだ
こんな小さな貨物列車は
見たことがないからな
被災者の皆さんも物珍しそうに
この機関車を見に来る
被災者の皆さんの力になっている
だろうと思う
発信機からの信号は
万代シティの大型ビジョンに
映し出されている
もちろんexhvさんのPCにも
発信機からの信号が映し出されている
2トントラックを使ったのが
正解だったみたいで
次々と救援物資を積み降ろして行く
避難所まではどうしても列車が
入る事が出来ないのでトラックで
避難所に運んでいく事になっている
たくさんの救援物資で満杯になったら
次のトラックが小さな小さな
貨物ターミナルに入ってくる
まだまだ頑張れます
次々と救援物資の積み込みをする
地元の子供達も積み込むお手伝い
大人に負けじと頑張れ頑張れ
その日は地元のテレビも来ていた
僕とexhvさんの貨物列車を撮影する
ために←参った参ったこれには…
トラック何台分になるかな?
取り敢えずは貨物の積み降ろしをする
それにしてもかなりの量を出したな
検疫を終えた後でトラックに載せて
避難所や仮設住宅に運ばれていく
僕がやりたかった事
それは誰かの役に立つ事だった
福島にもキッザニアが出来て
仮設線路を作ってその上に貨物列車
を走らせて貨物ターミナルに着いたら
その貨物を子供達がクレーン車を
使って積み降ろしするな~んて…ムリダナ
あれこれ考えながら救援物資を積み降ろしをする
子供達も一列に並んだらバケツリレーで救援物資を検疫そしてトラックに載せる
トラックは早くも50を突破
どんどん載せていこう
ゆっくりで良いよ
急いで怪我したら大変だからね
手を挟まないようにね
↑とにかく気が気でない>_<
僕も救援物資の検疫と積み込みをする
子供達は元気だね
大人も負けてませんよ
子供達が元気で勝負なら
大人はテンションで勝負だ
というわけでどんどん検疫
どんどん積み込み
積み込みが終わったトラックは
最終確認の上
それぞれの避難所や仮設住宅に
救援物資を運んでいく
空になったトラックはまた
貨物ターミナルに戻ってくる
大人も子供達も頑張れ頑張れ
ついでに僕も頑張れ頑張れ
どんどん頑張って行きましょう
たまに動いて水分補給して
動いて水分補給して
暴れて動いて水分補給して
ドでかく大暴れしまくって
この郡山貨物ターミナルから
救援物資はトラックに載せて
福島 宮城 岩手に運ばれていく
更に4トントラックまで引っ張り出して
リレー輸送を鉄道と協力バックアップ!!
更に自衛隊側からも車を出して
ヤマト運輸もトラックを出してバックアップ
ガソリン大丈夫?
貨車から出して検疫し
どんどんトラックに載せる
「いっぱい救援物資持ってきたんだな」
(一輝)はい
「どこから来た?」
(一輝)新潟県から来ました
「新潟県から?」
「遠い所からありがとうね」
(一輝)いえいえ
「地震大丈夫だった?」
(一輝)大丈夫でしたが福島は大変な事になっていますね
「そうなんだよ~大変だったんだよ~」
「どこから来たって?」
「新潟県から来たんだって」
来てくれた人の労を労いながら
僕も救援物資の積み込みをする
小さくても大きな力が出せて
大量輸送が出来る事がこの列車の凄い所だ
たくさんの救援物資を積み込んできた
から被災者の皆さんと一緒に積み降ろしをする
その間ドライバーの皆さんは
打ち合わせを行う
どこの避難所に運ぶか
出発は何時か等を打ち合わせする
貨物列車は長い時間走ってきた甲斐が有った
機関車の車輪に注油したり
メンテナンスをしている
子供達はフォークリフトのラジコンを
使って救援物資の積み降ろしをする
何かキッザニアみたいだな^^;
どう?そのフォークリフトには
一応カメラを取り付けてみたんだが
本物運転している感じ出ている?
ヤマト運輸からジュースの差し入れが
有った
長い休憩と中継を挟んで作業は続く
17:00までは子供達と一緒に積み降ろし
20:00までは大人と一緒に積み降ろしをする
20:00 作業終了
被災者の皆さんは大変感謝していた
Exhvさんへは機関車に付いている
カメラを通してありがとうが
伝えられ更に地元記者による取材も有った
ガッシャン!!(蒸気機関車連結)
ガッシャン!!(補助機関車連結)
(一輝)連結完了
(Exhv)連結完了
ポォーーーーーーーーーー!!
ピィーーーーーーーー!!
フォォォォォォォォォォォン
シューシューシューシューシュー

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。