鉄道むすめに会う遠征(修正版)

電池をMDに取り付けて
カメラ起動
それでは行ってきます^^
スタートはJR坂町駅
そこから始まる失敗できない音鉄
鉄の血が騒いできた
青春18切符を握り締めて改札を出る
サイドバックの中にはエボルタ
通常の100円ショップの電池
MDが10枚ほど入っている
撮りながらここは行け行けだ^^
撮って撮って撮りまくる
ベストカメラマンはこの僕だ!
いや僕たちだ
村上方面最終に乗り込み
一路村上方面へ向かう
(ガッタンゴットンガッタンゴットン)
(MD一枚目坂町→村上間録音完了
23:21 列車番号 951M)
この時間帯になるとここまで冷えるんだな
exhvさんが作った発信機
そろそろスイッチ入れるか
(MD交換+電池交換)
これで後はあけぼの号が来るのを待つだけ
(ピィーイ!)
噂をすればあけぼの号が来た
客車列車はばんえつ物語のほかに
乗ったことが無いからね
(ドアが開いて乗り込む)
MDスタート!録音開始
発信機点灯(exhv’s I PADに信号が届く)
(汽笛を鳴らして動き出した)
(目を閉じると聞こえてくる)
エボルタはパナソニックの魂の結晶だ
それの耐久試験を兼ねての録音だ
頼む 君の手で長持ちする事を実証してくれ
(目を開ける)
切符を車掌に見せて部屋に行く
(ドアを開けて入ると)
へ?
これ?
何かカプセルホテルみたい?
(あけぼの号が駆け抜けていく)
今日はexhvラジオSPで電話出演だっけ?
(電話着信音)
来た
「もしもし?」
「今あけぼの号は羽越本線を力走中
で現在村上~新津を快走中です
MDはとりあえず回しています
エボルタの力で順調です」
「了解しました最終日までに100人分
サイン集めてきます」
以上簡単ながら電話出演でした
というわけで僕はこのまま
部屋に戻るちなみにここまで
二人分サインは集めた
このミッションでエボルタの
耐久性が実証されるなら
僕は喜んでMDを回し続けよう
あけぼの号が新発田駅に滑り込む
ドアが開いてお客さんが乗り込む
ドアが閉まって汽笛が鳴って動き出した
白新線に別れを告げて一路羽越線を走る
次は新津に入ります
ピィーーーーーーーーーーーーイ!
夜を越えて駆け抜けるあけぼの号を引っ張るEF81の汽笛
が夜の闇にこだまする
エボルタは多めに持ってきておいて正解だったけど
新津に向かって駆け抜ける
時折EF81の汽笛や息遣いが聞こえてくる
ガッタンゴットン
ガッタンゴットン
ガッタンゴットン
ガッタンゴットン(ピィーーーーーイ!)
ガッタンゴットン
ガッタンゴットン
モーターを唸らせて走行している
長岡でEF64にバトンタッチする
それまではEF81が担当する
列車のスピードが落ちてきた
新津が近付いてきたのだ
汽笛を鳴らしてあけぼのが滑り込む
ドアが開いて新津に停車する
ここでちょっとまっタイマーが有れば
ジュース買う事が出来るのに
ドアが閉まってEF81の汽笛と一緒に
あけぼの号が動き出した
ここから今度は信越線を走って行く
EF81のミッションもここまでとなる
カメラを握り締めて長岡に着くのを
今か今かと待っている
ブレーキがかかって速度が落ちる
長岡駅に滑り込む
ここでEF81を切り離しEF64を連結する
ガクン!というショックの後でブレーキの音
が聞こえてきているブレーキ試験だ
汽笛を鳴らして今度は上越線を走って行く
久しぶりの上越線だ
時折聞こえるロクヨンの汽笛の音と共に
トンネルや鉄橋に入っていく
(ゴォ~)ガッタンゴットンガッタンゴットン
EF64のブロワー音が聞こえてくる
(ピィーーーーーーーーーイ!)
まるでEF63が引っ張っているような息遣いだ
時折キーキーと音が出てくる
抑速ブレーキの音だ
水上駅で運転停車をすると同時に発信機のダイヤルを回す
(近距離→長距離へ切り替えるとexhv’s i padにWTCと出る)
汽笛を鳴らしてあけぼの号が動き出した
いくつものトンネルを渡って
いくつもの鉄橋を渡って
快走していくあけぼの号
時折キーキーと音が出るEF64の抑速ブレーキだ
さすがは山岳地帯を走る電気機関車だ
ジョイント音を響かせてあけぼの号が駆け抜ける
辺りが段々明るくなってきた
発信機はチカチカと光って地上コントロールに
僕の現在位置を知らせ続ける
上越線を通過した高崎に到着する
僕は撮影をするために列車を降りる
限られた時間の中僕は撮影していく
EF64の撮影も終わって列車に戻る
汽笛を鳴らして高崎駅を発車する
ここから先は高崎線を走って行く
ここで僕は持ってきた小型テレビを見ると
日テレが上野駅で待っている
しかも応援団としてダブルブッキングが来ている
おいおい久しぶりじゃないか
negiccoファンを辞めてから
結構立ったけどまた会えるなんて
想定の範囲外だ
モーター唸らせてEF64があけぼの号を引っ張る
車掌さんのおはよう放送が入ってきた
「まもなく大宮 大宮です」
EF64の汽笛と一緒に大宮駅に滑り込む
やむなく汽笛が鳴り響き大宮駅を発車した
「次は終点上野 上野です6:58に到着です」
皆さん目を覚まして荷物をまとめています
僕も眠い目をこすりながらバック持って
サイドバックを腰につけて
カメラバックを持っておく
何とか「日テレの特番」に間に合わせないと
間に合ってくれ!間に合ってくれ!
間に合ってくれ間に合ってくれ間に合ってくれ!
さいたま新都心通過
ピィーーーーイ!ガッタンゴットン….(鉄橋通過)
赤羽通過
ガッタンゴットンガッタンゴットン
ガッタンゴットンガッタンゴットン
ガッタンゴットンガッタンゴットン
ガッタンゴットンガッタンゴットン
上野までは快適な列車の旅となる
音鉄が終わったらこのMDはどうしよう
って考えているうちに尾久を通過した
次第に列車のスピードが落ちてきた
上野駅が近付いてきたのだ
EF64の汽笛が鳴り響く 相変わらず良い音だ
E231系湘南やE4MAXとすれ違う
電笛(電気で鳴らす警笛)を鳴らしてE233が走り去る
E231系山手も駆け抜けていく
鉄の血が騒いできた
地平ホームが近付いて放送が入る
「ご乗車ありがとうございました
あと4分ほどで終点上野です」
息を切らしてあけぼの号が上野駅13番線に滑り込む
「うえの~うえの~」
お決まりの構内アナウンスが流れる
とりあえず?
太陽電池起動(MDの充電 (エボルタ→エネループ)
遠征1日目スタートだ
(MDのカセット交換)
上野駅から日テレ経由で生中継をする
それでは?本番5秒前 4 3 2 1 0
(日テレアナ)「はい こちらは上野駅13番線
昨日から乗ってきたあけぼの号がすぐ後ろにいます
ここで彼も一緒に来ています」
(ダブルブッキング)せーの 一輝さーん
「はーいおはようございます^^
遠征初日が始まりました!
新潟へ元気をお届けしたいと想います
行きますよ?
ぶぉーーーーーーーーーーーーー!おりゃっ!」
(ダブルブッキングが吹っ飛んだ)
「はい これからの予定ですが
富士急行 河口湖駅へ行きたいとおもいます」
(ダブルブッキング)
「うぉー!頑張れ!頑張れ!頑張れ!」
「はい ありがとうございます」
ダブルブッキングや日テレアナの方と分かれた僕は
東京へ出るがその前に
鉄道警察隊の方のサインを頂いて
鉄道整備のコメットスーパーバイザーのサインもゲット
一気に二つ消化した
このコメットスーパーバイザーの二人は
二人で一人なのだから二つで一つとカウントするのだ
中央線を使って高尾駅で乗り換えて?
ここの駅員さんのサインを頂いてお待たせしました
富士急行線に乗り換え河口湖駅へ向かいます^^
富士急行線の車掌さんのサインも頂いてクリア^^
お待たせしました富士急行河口湖駅に到着しました
ここで女性の駅員さんを待ちなさいね 了解だ
(女の子)すいませ~ん遅くなりました
(一輝)(思わずジョブキャラ)(頭を下げる)
(みーな)私がここの駅務係の大月みーなと申します
(一輝)よろしくお願いします
(みーな)それでは駅の中を案内しますね
駅員さんのサインも頂いた後で駅の中を案内してもらう
そしてこの富士急の河口湖駅をすぐ出た後で電車に
会えるのだから そうモ1も撮影しておく
みーなさんの説明は非常に分かりやすい
というわけで先ずは駅舎の中を見て回る
(みーな)この河口湖駅は2006年に立てられた木造の駅で
高速バス 物産館 喫茶店が同居していますまた駅広場には
富士急の前身で富士山麓電気鉄道のモ1が静態保存されて
いますので是非撮影に行ってみてください
(一輝)行って見ます ありがとうございます
(みーな)そういえば一輝さんってサイン集め
しているんですよね私も書いて良いですか?
(一輝)もちろんです
(サイン)「富士急行 河口湖駅 改札 大月みーな」
(みーな)(撮影している間にこっそり)^^
(一輝)(駅舎 電車 モ1を撮影する)
チカチカと発信機が点滅しexhvさんの元に信号を
送り続けている「僕はここにいる」と
更に携帯のカメラで撮影しメールで送信する
撮影も終わって東京に戻る時に
(みーな)一輝さん
(一輝)?
(みーな)はぁ はぁ これ大急ぎで焼いてきました
(一輝)クッキー?
(みーな)味は保証できませんがお弁当です
(一輝)ありがとうございます
(プシュー)
(一輝)また来ても良いですか?
(みーな)はいお待ちしています
プォーーーーン!
ガッタンゴットンガッタンゴットン
ガッタンゴットンガッタンゴットン
ガッタンゴットンガッタンゴットン
ガッタンゴットンガッタンゴットン
「東京 東京です ご乗車ありがとうございます」
東京駅に滑り込んだけど僕は休む気配全くなし
このまま総武快速に乗り込んで銚子駅に出る
次に目指す駅は銚子電鉄犬吠駅
待っていてくれよ~^^
プォーーーーン!
ガッタンゴットンガッタンゴットン
ガッタンゴットンガッタンゴットン
ガッタンゴットンガッタンゴットン
ガッタンゴットンガッタンゴットン
「銚子 銚子です ご乗車ありがとうございました」
ここまで軽く6人分集まった
次はお待ちかねの犬吠駅だ^^
というわけで銚子電鉄に乗り込む
茶色と赤の一両電車が走って行く
発信機の信号追ってくれているかな?
新潟は遠征最終日に僕の帰りを待っているかな?
ドキドキしながら旅を進めるのだ
「ご乗車ありがとうございました
終点 犬吠駅 犬吠駅です」
無事に到着した銚子電鉄犬吠駅
でも僕の体力も限界に来ていた
とりあえず濡れ煎餅を食べる
(一輝)おいしい^^
(女の子)はぁ~幸せ~^^
(一輝)この醤油の香り
(女の子)噛んだ時のへなっとした食感
(駅長)つくしちゃん今日もお煎餅おいしいよ^^
(一輝)つくし?つくしって
外川つくしさんですか?
(つくし)もごっ!? けっほ けっほ けっほ
(一輝)す すいません 大丈夫ですか?
(おばちゃん)つくしちゃん はいお水
(つくし)ごく ごくごく はぁ~びっくりした
(一輝)すいません僕のせいでびっくりさせてしまった
みたいで
(つくし)どうして私の名前を?
(一輝)周りがつくしちゃん つくしちゃんって
呼んでるのを聞いたんです それに鉄道むすめのサイト
いつもみていたからです
(つくし)そうだったんですか ありがとうございます
そういえば今日男の子が一人来るとか聞いていました
(一輝)それが僕です・・・・言うの忘れてましたね
一輝です よろしくお願いします
(つくし)それでは案内しますね
(活動日記より抜粋)
つくしさんに案内してもらって
犬吠駅のスタンプを押した
ありがとうございます
(つくし)(ノートにサイン)
「銚子電鉄 犬吠駅 駅務係 外川つくし」
(つくし)結構集まりましたね
(一輝)はい
つくしちゃんに案内してもらい銚子電鉄を撮影しに行く
(仲之町駅)
(ピィーイ!)
(一輝)ん?この音機関車の汽笛?
(つくし)その機関車はあれです^^
(一輝)デキ3
(つくし)これが銚子電鉄で唯一現役で走ってる
電気機関車デキ3です
(一輝)可愛い電気機関車ですね
(つくし)小さいけど働き者なんです
(一輝)何か機関車トーマスに出てくるトビーみたいですね
(つくし)クスッ^^ そういえばお腹空きましたね
(一輝)そうだね
つくしちゃんに案内してもらいいろんなところを
見て回る+写真の撮影をしている時折見られる
タブレット交換 たいやき 濡れ煎餅 デキ3
こんな小さな鉄道が元気に走っているところを
見られるなんて感激物だ^^
MDに繋いでる太陽電池を太陽に向けた
電池をエボルタからエネループに交換し
実験スタート
(銚子電鉄の電車でのんびりトコトコ移動)
「一緒にいる子は誰なの?」
「写真一緒に撮っていい?」
(一輝)つくしさんは人気者だね
(つくし)もちろんです 一輝さんすいませんが
シャッター押してもらって良いですか?
(一輝)もちろんです それでは行きます(カシャッ!)
(東京駅経由で上野駅に戻った)
(一輝)さて困った(チラッチラッ)どこで寝ようかな?
(ぐぅ~)お腹も空いたしどうしようかな?
明日はどこ行こうかな?北千住は4日目に後回しだな・・・
(遠征2日目)
上野からお目覚めで浅草へ移動
もちろん東京メトロ銀座線で移動する
浅草へ到着したここで一日撮影する
腕を磨くためなんだけどね
銀座線の走行音の録音は録音終了
ここから今度は浅草寺を目指すのだ
撮影はとりあえず1店舗 1店舗
丁寧に撮影をしていく
それでは?3 2 1 GO!
撮影タイム スタート!
スタートダッシュで撮影していく
7 6 5 4 3 2 1 end
撮影が終わったら次は逆の手順で
配達していく
お団子をお弁当にしてくれた
ありがとうございます
さすがは浅草 元気出るね^^
揚げ饅頭もお弁当にしてくれた
人形焼を何とお土産にしてくれた
Wでありがとうございます
忙しい時間ほど速く通り過ぎるものは無い
上野駅へ戻る事にした
仲見世の店員 オーナーの皆さんが手を振る
僕は銀座線に乗り込み上野へ戻る
目から熱いものがこみ上げてきた
そういえば僕はここ最近泣いてなかった
(遠征3日目)
(一輝)(目を覚ます+MDを買いに行く)良し^^
今日は宮古駅へ行ってみよう
待っていろよ^^三陸鉄道!
(新幹線で移動)
(八戸線うみねこ号で久慈駅へ向かう)
(一輝)良し^^着いた^^ここからスタートなんだが
案内役は誰かな?
(???)はーい^^私でーす
(一輝)(ビクッ!)ん? だ だれ!? だれ?
(???)ここですよ^^
(一輝)へ?声はするのに姿が見えない
えdrftgyふじこlp;@:「
(???)わっ^^
(一輝)うわっ!
(女の子)びっくりしましたか?
(一輝)そりゃびっくりするよ><。
(ありす)ふふっ^^あっ 言うの忘れてましたね
私 久慈ありす 三陸鉄道で気動車の運転手をしています
よろしくお願いしますね一輝君
(一輝)へ?何で知ってるの?
(ありす)テレビ見ていましたよ^^
サイン集めと電池の耐久テストをしているんですよね
(一輝)どっちとも正解だ・・・
(ありす)私も書いて良いですか?
(一輝)もちろんです
(ありす)(ノートにサイン)
「三陸鉄道 運転士 久慈ありす」
(コメントは帰りに)
「三陸鉄道北リアス線にご乗車ありがとうございます
海岸線はどうでしたか?また来てください」
(一輝)ありがとうございます
(ありす)北リアス線の中を案内しますので
こちらの列車にご乗車下さい
(一輝)はい(列車に乗り込む)(良いのかな・・・)
(ありす)(運転室に乗り込む)出発進行
(一輝)出発進行
ありすさんの案内で三陸鉄道北リアス線を走ってみる
エンジン唸らせ非電化区間を走行していく
前方良し 第2閉塞進行
「復唱 前方良し 第2閉塞進行」
ガッタンゴットンガッタンゴットンガッタンゴットン
ガッタンゴットンガッタンゴットンガッタンゴットン
ガッタンゴットンガッタンゴットンガッタンゴットン
(宮古駅へ到着)
(駅員)待っていたよ 君の到着を
(一輝)えっえっ僕を?
(ありす)もうせっかくのドッキリが台無しです^^;
(一輝)ドッキリだったの?!(←まだ気づいて無いのか)
(ありす)そうです^^
(一緒に宮古駅の駅舎へ+取材を受ける)
(岩手めんこいテレビ)
「いろんな出会いが有りましたね」
(一輝)はい このノートが全てを語っています
そして皆さんの後押しが有ったからです
「応援歌が届いているみたいです」
(一輝)えっ 聞かせて聞かせて
(中島愛+negicco megu naoでbe my self)
(一輝)すげぇ~^^すげぇ~ぜ皆!
「はい 応援歌ありがとうございました」
(一輝)精一杯頑張ります
(活動日記より)
聞きなれた声が聞こえてきたと想ったら
TENYを経由して岩手めんこいテレビに
僕に応援歌を送ってくれたありがとうございます
(ありす)それでは久慈駅に戻りますので
ご乗車下さい
(一輝)(乗り込む)
(ありす)出発進行
(一輝)出発進行
ガッタンゴットンガッタンゴットンガッタンゴットン
ガッタンゴットンガッタンゴットンガッタンゴットン
ガッタンゴットンガッタンゴットンガッタンゴットン
ガッタンゴットンガッタンゴットンガッタンゴットン
ガッタンゴットンガッタンゴットンガッタンゴットン
ガッタンゴットンガッタンゴットンガッタンゴットン
(久慈駅に到着)
(女の子)ありす先輩待っていました
(ありす)まなちゃん 今日はお仕事は?
(まな)今日は休暇です^^
(ありす)そういえば彼来てましたよ
(一輝)(頭を下げる)
(まな)釜石まなです 盛駅で駅務係をしています
(まなさんもサイン)
「盛駅 駅務係 釜石まな」
(八戸線で八戸へ向かい東北新幹線はやぶさで移動)
「盛岡グリーンアテンダント」
(上野駅へ到着する頃には真っ暗)
(一輝)さて困ったな・・・どこで寝ようかな?
(考えても仕方ないので野宿する事になった)
(遠征四日目)
(一輝)(目を覚ます)
(上野駅)
(一輝)良し それじゃあそろそろ行きますか^^
(上野→新橋→北千住の順にへ向かう)
何で新橋へ行ったかって?
それはゆりかもめを撮影するため
そして鉄道むすめに会うためだ
「株式会社ゆりかもめ 駅務係 青海ゆりか」
(一輝)ありがとうございます
(Retro G-Style/Freemen)
(一輝)ん?この曲は・・・
(活動日記)
ここで少しゆりかもめを撮影する
そしてゆりかさんに案内してもらい
カメラの充電もする
もちろん携帯も充電する
MDはどうするかって?
太陽電池を繋いで充電する
ゆりかもめの撮影が終わって
カメラ再起動
携帯も再起動
今度はどこへ行くかって?
つくばエクスプレスを撮影するために
(新橋→秋葉原)
(一輝)今って新潟駅は何してるのかな?
皆の声が聞きたいな
発信機の光が少し弱くなったかな?
チカッチカッチカッチカッチカッ(発信機が光っている)
(女の子)^^ 来た来た
お待ちしていました 秋葉みらいです
(一輝)よろしくおねがいします
(みらい)あっMDボロボロですねこれなら修理できますよ
10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 修理完了
(みらい)修理完了です^^
(一輝)ありがとうございます
「首都圏新都市鉄道株式会社 つくばエクスプレス 駅務係 秋葉みらい」
(一輝)ありがとうございます
ここでもお仕事
それはつくばエクスプレスを撮影すること
吹っ飛んできた^^(3 2 1 カシャッ!)
撮影完了^^
(一輝)それでは僕はこれで どうもありがとうございました
(みらい)またきてくださいね
(秋葉原→ ええっ新宿!?)
(一輝)ZzzzZzzzzZzzz (ガバッ!)やべっ寝過ごした うわ~やってしまった
(新宿駅に途中下車)
(一輝)とはいっても・・・どうしよう
(ミュージックホーンの音)
(一輝)この音VSE?(音のする方向へ走って行く)
(女の子)予想通り^^
(一輝)ぜぇ ぜぇ ぜぇ ぜぇ
(あさぎ)お待ちしていました
ロマンスカーアテンダントの渋沢あさぎです
(VSE運転手)速かったね
(一輝)(息を切らしながらノートを出して渡す)
「小田急レストランシステム ロマンスカーアテンダント 渋沢あさぎ」
(あさぎ)はい 運転手さん
(運転手)今日は出血大サービスだ
(車掌)それなら私も
「小田急 運転手(VSE)」
「小田急 車掌(VSE)」
(一輝)ありがとうございます
(運転手)それじゃあ最後に君にもう一つの特別サービスVSEの警笛の洗礼だ
(VSEミュージックホーン2回吹鳴)
(一輝)すげぇこんな間近でVSEのミュージックホーンを聞けるなんて^^
ありがとうございます!新潟まで撮影頑張ります!
(次はスーパーあずさへ向かって走って行く)
「松本運輸区 車掌」
「NRE  スーパーあずさアテンダント 松本あずさ」
(新宿→池袋)
(Mr.Children「シーソーゲーム~勇敢な恋の歌~」が流れ出す)
(池袋→上野)
(更にnegiccoで圧倒的なスタイル)
(一輝)北千住へ向かわないと ってこれは嫌でも力入る
(常磐線を使って北千住へ向かう)
(一輝)(北千住に降りた)
(女の子)待っていましたよ一輝さん
(一輝)へ? 僕を?
(みなみ)私 栗橋みなみ 北千住駅で駅務係をしています
(一輝)今日はよろしくお願いします
(みなみ)それでは駅の中を案内しますね
栗橋さんに案内してもらい北千住の中を移動する
(みなみ)この北千住駅は東京23区の北東部に位置する足立区の中でも範囲の狭い、
隅田川と荒川に挟まれた千住地区にあります。それでは次の場所へ行って見ましょう
(駅員)みなみちゃん研修生への説明の練習?
(みなみ)違いますよ新潟からカメラマンさんが来てくれましたので
北千住駅について説明しているんです
(駅員)そ それは失礼しました(逃)
「東武鉄道 北千住駅 改札」
「東武鉄道 北千住駅 駅務係」
(みなみ)今度は駅の中を回って見ましょう
(一輝)はい
(移動しながら)
(みなみ)千住地区は江戸時代から日光街道の宿場町として発展したことから、
地区の中心にある当駅は多くの路線が乗り入れるターミナル駅となりました。
それでは今度は東京メトロのホームへ行ってみましょう
(一輝)はい
(今度はメトロのホームへ)
(みなみ)現在では当駅を境に東京地下鉄日比谷線と
東武伊勢崎線は押上駅経由で相互直通運転を行っています。
中でも、常磐線以外の路線は全ての列車が停車し、主要な拠点駅となっています。
(案内しながら説明する)
(みなみ)常磐緩行線は当駅に乗り入れていませんが、
その起点である隣の綾瀬駅までは東京地下鉄千代田線となっています。
ところが、綾瀬駅には常磐快速線が停車しないため、
当駅が各駅停車と快速の乗換駅となっています。
(案内しながら)
(みなみ)千代田線北千住 – 綾瀬間はJRの乗車券でも乗車することができ、
町屋・南千住方面と亀有方面を行き来する場合の乗り継ぎについては当駅が分岐点となっています
(一輝)詳しいですね(新人研修やってるような気分)
(みなみ)えっへん^^次行きますよ
(一輝)おわわっ 待ってくれ
(みなみ)今日はどっちの路線で着ましたか?
(一輝)常磐快速です
(みなみ)どうりで速いと想いました^^
栗橋さんの説明はとても分かりやすい
あっという間に北千住駅の説明は終わった
そしてサインも頂いた
「東武鉄道 北千住駅 駅務係 栗橋みなみ」
(一輝)ありがとうございます
(みなみ)一輝さんってもしかして鉄道マニアですか?
(一輝)正解です 良く分かりましたね
(みなみ)私も鉄道むすめの中で一番の鉄子です
(一輝)(写真を見せる)
(みなみ)これって国鉄色ですか?
(一輝)485系T18編成です まだ残っていました
(みなみ)えぇっ^^じゃあ私の番です(東武スペーシア)
(一輝)上手い・・・・これは・・・・完敗です・・・
これは僕は盲点だった凄いよみなみさん・・・
(北千住駅の中を撮影している)
(一輝)あれ?MDが止まった(LO BATT=バッテリー切れ)
(ここで考え出したのは電池をエボルタ→エネループに付け替え
太陽電池に付け替えて少しずつ充電する事にした)
(ジリジリジリ)
(一輝)暑・・・・(近くの日陰に行くが)ゼェゼェゼェ
(時間が立つに連れて汗の量が多くなってきた)
(一輝)太陽・・・・あったけぇなぁ~(半分水分抜け気味)
(フラフラになりながら近くのベンチに横になる)
(???)大丈夫ですか?
(一輝)・・・・・・
(???)待っていてください今アクエリアスを買ってきます
(一輝)ありがとう・・・・
(女の子がアクエリアスを買って僕の所へ)
(一輝)(ぼやけてしか顔がよく見えない)
彼女は蓋を開けると
震える手で僕にアクエリアスを飲ませてくれた
女の子は誰だったのかは記憶には無い・・・・
もしかしたら猛暑の中を移動してきたから
多分幻を見たのかもしれない・・・・・・・・
(一輝)exhvさんのIPADからだと僕はどんな風に見えるかな?
(フラフラになりながら今日はホテル ココ・グラン北千住に一泊)
(中継)
(ヤン)ここで店長君こと一輝さんと電話がつながっています
もしもし?店長君?
「はーい^^皆さんお疲れ様です」
(ヤン)明日だね 帰ってくる日は
「はい 無事故で帰ってきます」
(ヤン)お土産も頼むぞ^^
「了解です」
(遠征最終日)
(みなみ)おはようございます
(一輝)おはようございます それと昨日はありがとうございました
(みなみ)はい^^お役に立てて良かったです^^
(カシオ工場長)君が一輝君だね
(一輝)はい
(カシオ工場長)君のためにこれを作った受け取りたまえ
(一輝)これって太陽電池?
(カシオ工場長)ただの太陽電池ではない
タフソーラーといって太陽じゃなくても
充電が出来るわが社の誇る高性能太陽電池だ
(一輝)ありがとうございます 是非使わせていただきます
帰り道は特急スペーシアで鬼怒川温泉へ向かう
鬼怒川温泉から会津鉄道に乗り込み会津若松へ向かう
この会津鉄道は面白い車両だ まるでこう
三陸鉄道の北リアス線を彷彿させるような
このワンマン仕様の車両がトコトコ走っている所を
見れるなんてめちゃくちゃすばらしいよ^^
これ皆に見せられないのは残念だな^^
エンジン唸らせ駆け抜けていくキハのエンジン音
残りのMDは後5枚になりました(ガッタンゴットン)
エンジン唸らせ快走中しています
太陽が当たる所に太陽電池を当てて少しずつMDを充電する
ジリリリンキンコンキンコン・・・・・・・・・
定時
出発停止
逆転ハンドル切
チャイムOFF
(芦ノ牧温泉駅 ネコ駅長 ばす)「にゃ?」(彼が?)
(芦ノ牧温泉駅 駅員)「駅長 彼です」
(ばす)「にゃ~(ノートを見せるにゃ)」
(一輝)「はい^^」
「芦ノ牧温泉駅 駅員」
「芦ノ牧温泉駅 ネコ駅長」(足型)
(ばす)「にゃ~^^」(彼を案内してあげてにゃ)
(駅員)「はい 駅長 まだ停車時間が有りますので駅の中を案内します」
(一輝)お願いします
(芦ノ牧温泉駅の中を案内してもらう)
(一輝)駅長 ありがとうございました
(ばす)にゃぉ~ん^^(また来てニャ)
(発車時間になり乗り込む)
(一輝)また来ます
(ばす)にゃぉ~ん(旅の無事を祈ってるニャ)
(ネコ助役)にゃぁ (頑張って帰り着くニャ)
(駅員)また来てください
(一輝)はい^^(ドアが閉まる)出発進行!
プォーーン!(エンジン唸らせ動き出した)
ここへ来たのも久しぶりだ福島県会津若松
富士急
銚子電鉄
三陸鉄道
そして東武鉄道
会津鉄道
そして磐越西線
今までの記録の中で一番の遠征になったな
(TENY)ここで会津若松市の会津若松テレビさんを呼び出したいと想います
(会津若松テレビ)はーい!こちらでは一輝さんの到着を待っています
今情報が入りました 芦ノ牧温泉駅のネコ駅長さんからの情報によれば
彼は今 会津鉄道でこちらへ向かっています
定時
出発停止
逆転ハンドル切り
チャイムOFF
ブレーキ非常位置
ATS開放
(一輝)会津若松で取材を受けろだって
(会津若松テレビ)お疲れ様です 会津若松テレビです
(一輝)お疲れ様です 一輝です
(会津若松テレビ)ついに遠征が終わりますね
(一輝)いえまだです 僕の遠征はまだ終わっていません
新潟に戻って このエボルタとエネループのことを
ビックカメラに伝えるまでが僕の旅であって遠征です
(会津若松テレビ)会津若松駅でしばらく休んでください
そして怪我の無いように新潟へ帰還してください
(一輝)はい ありがとうございます
発車時間まではまだ時間が有るみたいなので
そうですね
(会津若松テレビ)それでは協力してくださった事業所へメッセージをお願いします
(一輝)えぇ 5日間の遠征 そしてサイン集めにご協力していただきありがとうございました
富士急河口湖駅
銚子電鉄犬吠駅
東武鉄道北千住駅
同じく東武鉄道 鬼怒川温泉駅
そして会津鉄道 芦ノ牧温泉駅さん
駅のご説明わかりやすかったです
ありがとうございました
さようならは言いません
線路の続く限り別れは有りません
すいませんが新潟駅と万代シティ会場を呼び出してもらって良いですか?
(会津若松テレビ)はい新潟駅のえーもんさん?
(新潟駅(えーもん)はーい!お疲れ様です
(一輝)5日間の取材そして遠征にお付き合いしていただいてありがとうございました
(新潟駅(えーもん)お役に立てて良かったです
こちらこそありがとうございました
(一輝)それではこれから帰還します待っていてください
続いて万代シティ会場
(万代シティ会場(exhv)一輝さん皆さん待っていますよ
(一輝)ごめんな 待たせてしまって
これから帰るから待っていてくれ
そして5日間の遠征にお付き合いしていただき
ありがとうございました
(万代シティ会場から歓声が上がる)
(一輝)まだ速いよ
「会津若松テレビ レポーター」
「会津若松テレビ カメラマン」
「会津若松テレビ モニター担当」
「会津若松テレビ ディレクター」
「会津若松駅 駅務係 改札」
「会津若松駅 駅務係 案内担当」
「会津若松駅 駅務係 出札」
「会津若松駅 駅務係 SL担当」
「会津若松鉄道整備」
「会津若松運輸区 車掌」
「JR貨物郡山支社 運転士」
「会津若松駅 駅務係」
「会津若松駅 駅務係」
「会津若松駅 駅務係」
「会津若松駅 駅務係」
「会津若松駅 助役」
「会津若松駅 駅長」
(駅長)鉄道カメラマンの一輝さんへ敬礼!
(駅員の皆さんが敬礼し僕を送る
それは会津鉄道の乗務員の皆さんも一緒)
(一輝)ありがとうございました!(もう涙目です><。)
(MDは残り4枚)
(電池交換(final)
まだ持ってくれよ発信機
(発車ベル→ドアが閉まる)
「発車!出発進行 時刻良し 進路磐西」
発信機の光が徐々に弱まっているがもう関係ない
警笛を鳴らして動き出したキハE120
エンジン唸らせてキハE120が駆け抜ける
この運転手 運転上手だな
「まもなく塩川 塩川です」
塩川駅に滑り込んだ
ドアが閉まってまた動き出した
「次は喜多方に止まります」
エンジンを唸らせながら駆け抜けていく
でもキハE120の加速力は凄いな
警笛を鳴らしてトンネルに滑り込む
「負けないで スッペシャルver」
皆最後まで応援してくれてありがとう!
エンジンを唸らせてキハE120が駆け抜けていき
「まもなく喜多方 喜多方です」
列車が喜多方駅に滑り込んだ
ここで列車交換となるので少し停車する
「一輝く~ん 元気?」
「速く帰ってきてね」
ここで懐かしい声が聞こえて来た
K水産 N漁業の皆さんの声が聞こえて来た
僕の帰りを皆待っているんだね
待っていてね必ず帰るから
キハE120が喜多方駅を発車した
エンジン回転数が安定して60~70km/hで走行する
山都駅へ向かって駆け抜けていく
汽笛を鳴らして鉄橋を走ると横断幕を広げて鉄ちゃんの皆さんが待っていた
皆手を振ってくれている 待っていてくれてありがとう!
まもなく野沢駅に到着する
ジョイント音が気のせいか子守唄に聞こえて来た
夕闇に染まる磐越西線を走るところを撮影してみたかった
野沢駅に向かって走って行くそれまでは快適な列車の旅をするのだ
って今までいろんな列車に乗って鉄道むすめにも会って来た
野沢駅に滑り込むがすぐ発車となる
「次は日出谷 日出谷に止まります」
エンジンを唸らせキハE120が駆け抜けていく
ガクン!ガクン!というショックが有るが
これはギアが変っているだけなのだ^^
「まもなく日出谷 日出谷です
日出谷では列車行き違えとなります」
ATSのベル+チャイムが鳴り出すので停止操作と確認ボタンを押す
するとベルが鳴り止みチャイムに変って運転士は
運転を継続する事が出来るのだ
列車が日出谷駅に滑り込んだ
ここで列車交換となるのでしばらく停車する
僕はその間にキハE120を撮影し
exhvさんのI Padに送信する
発車時間になって乗り込んだ
ドアが閉まって動き出した
変速を繰り返しキハE120が力強い加速を見せる
「次は津川に停車します」
唸りを上げキハE120が駆け抜けていく
トンネルを出たらまたトンネルと
トンネルが続いていく
トンネルに出入りをするたびに汽笛が鳴り響く
(ただいま津川へ向かって走行中)
短い鉄橋を駆け抜け
汽笛を鳴らしトンネルへ滑り込む
トンネルを出て突っ走っていく
走行を続けると目の前に津川駅が待っている
列車が津川駅に滑り込んだ
(津川 停車 1分の停車時間後すぐ発車)
(長距離→短距離へ切り替え)
もう完全に太陽が沈んで充電が望めない
エネループの耐久力に任せる
辺りが段々暗くなってきて夕焼けが出てきた
もう充電が出来ない状態だ
エネループの中に溜めた余力で新潟まで行こう
(津川→三川)
軽快なジョイント音を響かせ駆け抜ける
気動車の足音が車内にエンジン音と一緒に流れ込んでくる
三川へ向かってどこまでも駆け抜けていく
(三川 停車)
三川駅に滑り込んですぐ発車となる
ATSチャイムを消した後で発車準備となる
(三川駅 発車)
エンジンを唸らせて三川駅を発車した
(三川→咲花)「次は咲花に停車します」
走るに連れてだんだんと温泉の匂いがしてきた
咲花駅に到着するみたいだ
所々でキハE120が警笛を鳴らす
気動車だけだからね警笛の音が違うから
ゆっくりとしたスピードで駆け抜けていく
列車がスピードを落とし咲花駅に滑り込む
(咲花駅に到着)
地上コントロールから連絡が来た
「新津駅に到着したら教えてくれ」
そうサライのきっかけ作りのために僕の力が必要なのだ
(咲花駅を発車)
エンジンを唸らせ発車した
新潟へ向けどこまでも走っていく
曲がった道を駆け抜け長いトンネルに差し掛かる
警笛を鳴らしてトンネルに入った
ジョイント音を響かせてビュンビュン駆け抜ける
やがて列車は馬下駅を通過すると聞きなれた曲が聞こえて来た
マクロスでお馴染みの曲「愛・おぼえてますか」だ
通過する前に列車が大きく左右に揺れる
滑るようにキハE120が通り過ぎる
エンジンの音が上がるキハE120が加速する
トンネル区間は終わって田園地帯を走行していく
(咲花→馬下通過)
馬下駅が見えてきた
警笛を鳴らし通過する
通過の際列車が大きく左右に揺れる
(馬下→猿和田通過)
田園地帯を通過し汽笛を鳴らして鉄橋に差し掛かる
ん?「オカエリナサト」皆さんありがとうございました
「続いてZARDで負けないで→でっかい宇宙に愛がある」
(猿和田通過→五泉停車)
五泉駅が近付いたみたいで列車がスピードを落とす
同時にATSチャイムも鳴り出した
(五泉駅に滑り込む)
長かった僕のミッションもまもなく終了する
でもそれまでこの発信機の信号とMDは
止めるわけにはいかない!
(五泉駅を発車)
警笛を鳴らして列車が五泉駅を発車した
エンジンを唸らせビュンビュン加速していく
MDの残量も残り少ない(後171秒)
(新関通過)
すっかり夜になってしまったがココまで来れば
何かエンディングみたいだ
僕の旅ももうすぐ終わる
(東新津通過)
新津駅が近付いているみたいで発信機の光がだんだん弱くなっている
皆待っていろよいよいよラストスパート掛けるぞ^^
でもその前に少し寝て起きよう・・・・・おやすみ
(信越線と合流+列車が警笛を鳴らす)
ん・・・・(目を覚ます)
ん?「welcome back」皆ただいま!
制限解除
エンジン ブルルン!
まもなく新津に停車します
(exhv)「もしもし?」
(一輝)「新津に近付いているよ」
地上コントロールへ連絡を入れた
まもなく停波となる発信機を入れて
列車と一緒に新津駅に滑り込む
列車が3番線に入るので乗り換える列車を探す
新津駅の駅員の方のサインも頂いた
ありがとうございます
噂をすれば有った普通列車だけど
ドアが閉まってキハE120が動き出した
乗務員交代だったみたいだ
プォン!プォーーーーーーーーーーーーン!
警笛を高らかに新津駅を発車した
さぁ一気にラストスパート行ってみよう!
(新津→さつき野)
新津を過ぎればすぐさつき野駅に停車する
ドアが開いてお客さんが降りる
ドアが閉まって車掌の出発合図のブザーが鳴る
エンジンを唸らせて走り出した
次は荻川に停車します
少しずつだが輝きが薄くなってきた
列車が荻川駅に滑り込んだ
ここでもお客さんが降りていく
ドアが閉まって動き出した
エンジンを唸らせキハE120がスタートダッシュする
次は亀田に停車します
警笛を鳴らして鉄橋を渡り
橋を駆け下りていく勢いで列車が加速する
沿線のあちこちにいるギャラリー
僕は「ありがとうございます」の意を込めて手を振る
それと同時に列車も警笛を鳴らした
長い直線をどこまでも駆け抜けていくと
列車が亀田駅に停車
すると亀田製菓よりお煎餅を頂いたありがとうございます亀田製菓さん
ドアが閉まって亀田駅を発車する
次は越後石山駅に停車します
ヲタの皆さんもライトを振って僕を出迎える
皆待っていてくださってありがとう!
無事帰ってきたよ
列車が加速し駆け抜ける
越後石山を警笛を高らかに発車していった
115系が警笛を鳴らして通過していった
多分僕に「おかえり^^」と言っているのだ
プォーーーーーーーーーーーーーン!
(プォーーーーーーーーーーーーン!)
プォーーーーーーーーーーーーーン!
(プォーーーーーーーーーーーーン!)
プォーーーーーーーーーーーーーン!
(プォーーーーーーーーーーーーン!)
新潟車両区の電車が警笛を鳴らして僕を祝福する
皆ありがとう!
発信機の信号の光が無くなった停波だった
exhvさんが停波コマンドを入力してくれたんだ
ありがとう 小さな発信機さん
ゆっくり休んでね^^(サイドバックへしまう)
でもまだ僕の遠征は終わってなんか無い!
悪いが僕は諦めが悪いんだ!悪いけど
ガッタンゴットンガッタンゴットン
ガッタンゴットンガッタンゴットン
ガッタンゴットンガッタンゴットン
ガッタンゴットンガッタンゴットン
ガッタンゴットンガッタンゴットン
ガッタンゴットンガッタンゴットン
ジリリリリン キンコンキンコンキンコン…..
旅のエンディングを告げるATSチャイム
新潟駅が近付いてきたみたいで発信機の光が弱くなっている
仲間の後押しを受けてここまで来たこの遠征は
いろんな曲に後押しされてきた
終に僕の5日間の長い遠征がここ新潟駅で
幕を閉じるわけが無い!
列車が新潟駅に到着すると
サポステの皆さんに見守られ+後押しされて
万代シティの特設会場へ向かった
でもその前に残りの穴も埋めないと
残り3 2 1 0でゴールまでまだ行かない
僕を送り届けてくれた気動車が警笛を鳴らし
新津運輸区の車庫に引き上げていく
ありがとうキハE120
送り届けてくれてありがとうございました
闇の中にエンジン音を響かせキハE120は引き上げていった
exhvさん
TENYテレビ新潟さん
日テレさん
ダブルブッキングさん
パナソニックさん
岩手めんこいテレビさん
富士急行さん
銚子電鉄さん
三陸鉄道さん
鉄道警察隊さん
可愛いコメットスーパーバイザーさん
東京メトロさん
東武鉄道さん
会津鉄道さん
会津若松テレビさん
KFB 福島放送
ご協力ありがとうございました
サポステの皆さん
お出迎えありがとうございました
そして最後まで僕の旅を見守っててくれた
皆さん ありがとうございました
無事帰ってきました^^
特設会場に到着した頃には半分スライディング間隔でゴールだ^^
サポステのメンバー exhvさんも来ていた
皆着てくれると信じていた^^
exhvさんの隣で一緒にサライを歌う
今までの中で一番のエンディング曲だ
(新潟駅会場)
新潟駅の駅長さんのサインも頂いた
すると日の出タクシーが待っていてくれた
ありがとうございます
それじゃあ万代シティバスセンターまでお願いします
(万代シティバスセンターへ向かう)
遠征でのサインも100人揃った
それにしてもめちゃくちゃ疲れた^^;
曲にあわせ歌いながら手を振る
ビックカメラへ パナソニックへ
エボルタとエネループの力は本物だった
これほど粘り強い電池は他に無い
そしてソーラーセルも強い物だった
最後までMDを回してくれました
発信機の光が完全に無くなった「停波」だった
でももうここまで来れば後はもう関係ない
ただ万代シティへ向かうだけだ
発信機はサイドバックに入れて
万代シティへ向かったのだが
さぁ一気にラストスパート行ってみよう!
(万代シティバスセンター到着)
どこかな?(i phoneを鳴らす)
「もしもし?」
上だよ
「へ?どこ?どこ?」
左 上 ここだよ
「待ってろ今行く」(電話を切る)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。